2005年07月04日

◆きりかね

三笠宮ご夫妻は1日、東京・六本木の泉屋博古館分館で、截金の人間国宝、江里佐代子さんの個展内覧会を鑑賞した。截金は金銀やプラチナの箔を細く切り、木製の合子や箱などにはり付けて、彩り鮮やかな文様を描き出す手法。江里さんは平安、鎌倉時代に仏像や仏画の装飾に用いられたこの技法を現代に生かし、優秀な工芸品を作り続けている。

截金(きりかね)
合子(ごうす)
posted by コジー at 08:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。