2005年09月04日

◆がくえんじ

島根県出雲市別所町の鰐淵寺で収蔵庫の南京錠が壊され、鎌倉時代の絵など国の重要文化財4点を含め収蔵品13点がなくなっていることが3日、出雲署と県教委の調べでわかった。同署が窃盗の疑いで捜査している。

調べでは、盗まれた重文は、鎌倉時代初期ごろまで盛んだった仏教の修行方法の一つ・一字金輪法に関する「絹本著色一字金輪曼荼羅図など絵2点と、同寺への根本薬師堂建設を通じて鎌倉幕府打倒を願った後醍醐天皇直筆の御願文1巻など書2点。4点とも明治の後半に重文に指定された。ほかの9点は県指定文化財の経典など。

鰐淵寺(がくえんじ)
絹本著色(けんぽんちゃくしょく)
曼荼羅図(まんだらず)
posted by コジー at 09:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。