2005年10月01日

◆かしき

三島由紀夫作「潮騒」はギリシャの牧歌的な古典「ダフニスとクロエ」を美しい日本の海に置き換えた純愛小説だった。鳥羽市の沖合いにある小島「神島」を舞台にして、4度も映画化された。時化で休漁の日、山上にある「監的哨」で真っ裸で抱き合うクライマックスシーンはインパクトがあった。父の船が沖縄に停泊中台風に遭遇、浮標に結んだワイヤトロープが切れそうになり(甲板見習い)だった主人公の活躍で事なきを得、父は二人の交際を許す。

潮騒(しおさい)
監的哨(かんてきしょう)
浮標(ぶい)
炊(かしき)
posted by コジー at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。