2005年12月13日

◆さきたま

駅伝大会に出場する中学生15人を乗せた大型観光バスを酒気を帯びて運転したとして、大田原署は11日、那須塩原市鍋掛のバス会社「光観光バス」の役員、益子正光容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕した。横林小を出発地点にして開かれた、市の駅伝大会に出場する黒磯北中学校の生徒15人を乗せ、同市埼玉の黒磯北中から横林小まで(直線距離7・4キロ)の間、バスを走らせたという。同容疑者は、「酒を飲んだのは昨日の午後4時から10時ごろまで」「急に運転手がキャンセルになった」と話しているという。同日午前8時ごろ、同署に匿名の通報があり、わかったという。

埼玉(さきたま)
posted by コジー at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

◆じょか

最近の焼酎ブームで、専用のグラスやサーバーなどを取り揃えた専門店も多くなった。中でも、急須を平たくしたような酒器「千代香」。直径15cmのものは2000円前後で購入できる。使い方はとっても簡単、水と焼酎を入れて暖めるだけだ。焼酎と水の割合は均等、2、3日前から水で
割っておくとまろみ出て飲み口がいいという。それを炭火や湯煎、遠赤外線を使った調理器で37度前後の人肌に温める。千代香によっては直火に対応するものもあるが、繊細な薩摩焼は直火に耐えないから注意が必要だ。

千代香(じょか)
posted by コジー at 10:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

◆こうやつ

スポニチの釣り欄を見ると、南房総・館山の香海岸は最近まで砂浜に松林が林立した美しい浜だったが、いまは海辺の砂浜は少なく階段堤防が整備された近代的な海岸に様変わりしている。それでも海には変化がないようで、25cm強の落ちギスなどがよく釣れている。葉山・鐙摺港から出港した釣り船では、城ケ崎沖で1kgもある本ガツオと3kg前後のメジマグロをゲットしたという。

香海岸(こうやつかいがん)
鐙摺(あぶずり)
posted by コジー at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

◆たなかまさひろ

巨人が来秋の高校生ドラフトで、駒大苫小牧の田中将大投手(17)の1巡目指名を決めた。巨人がこの時期に来年の指名選手を決めるのは、異例中の異例だ。MAX150キロの速球を武器に高校球界では無敵の右腕には、数球団の競合が必至だが、巨人は、早い時期から意思表示をすることで、誠意を示していく。

田中 将大:1988年11月1日、兵庫・伊丹市生まれ。17歳。昆陽里小学1年から野球を始め、松崎中では「宝塚ボーイズ」に在籍。駒大苫小牧では2年春夏と甲子園に出場し、夏は優勝。さらに国体、明治神宮大会と制覇した。家族は両親と弟。185センチ、81キロ、右投右打。

田中 将大(たなか・まさひろ)
昆陽里(こやのさと)
posted by コジー at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

◆もこし

日本の錠の歴史は古く、7世紀末に建立された法隆寺金堂には錠が取り付けられていた。ほとんどの扉は内側から樫材の落し猿によって締めるが、東面の扉は外部から猿を操作して開閉できる鍵穴がつけられ、裳階東面の戸口は大きな海老錠で施錠した。

別個の錠前を用いずに、敷居や鴨居や柱に彫った穴に桟を差し込んで固定する方法を「落し猿」「上げ猿」「横猿」という。「海老錠」は錠の本体を海老の胴、ぶら下げておく鉄の横棒をヒゲに見立てて、全体の形が海老に似ていることから名付けられた。

裳階(もこし)
posted by コジー at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

◆ゆすら

日本酒には様々な銘柄があって、凝った名前がつけられている。酒を飲む前に酔ってしまいそうな雰囲気だ。「山桜桃」「楽々鶴」「猩々」「吉四六」「喜量能」「春鶯囀」「上善水如」

山桜桃(ゆすら)
楽々鶴(ささずる)
猩々(しょうじょう)
吉四六(きっちょむ)
喜量能(きりょうよし)
春鶯囀(しゅんのうてん)
上善水如(じょうぜんみずのごとし)
posted by コジー at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

◆ひろうじんじゃ

三重・奈良・和歌山の3県にまたがる「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」の三つの山岳霊場とそれらを結ぶ参詣道は04年7月に世界遺産に登録された。那智の滝を祀る飛滝神社は、熊野那智大社の別宮で、同大社は熊野本宮大社や熊野速玉大社などと並ぶ熊野三山の一つで、熊野信仰の聖地だ。那智の滝の落差は133m、日本有数の大滝を拝むには、飛滝神社の鳥居をくぐらなければならない。なにしろ滝そのものが「ご神体」なのだ。

飛滝神社(ひろうじんじゃ)
posted by コジー at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

◆ちゃさんばい

狂言師で人間国宝の野村万作の狂言公演が開催される。演目は「茶子味梅」「小傘」のほか、素囃子「早舞」など。

茶子味梅(ちゃさんばい)
小傘(こがらかさ)
posted by コジー at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

◆すぐり

フィギュアスケート女子シングルで、安藤美姫(17)が滑り込みでGPファイナル進出を果たした。フリーでも連続ジャンプをすべて失敗してショートプログラム4位のままだったが、上位選手のミスに助けられた。トリノ五輪へ向けて、ファイナルで巻き返す。SP2位の中野友加里(20)が逆転でGP初優勝、村主章枝(24)は2位だった。

イラク南部サマワの陸上自衛隊宿営地などを視察した額賀防衛庁長官は4日夕、帰国した。記者団に「治安は良くなりつつあるのかなという感じはした。ただ、いつ何時どういうことが起こるか予測不可能なこともある。十分に警戒し、緊張感を持っていかなければならないのは当然だ」と述べた。

村主(すぐり)
額賀(ぬかが)
posted by コジー at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

◆さいかちざか

千代田区の神田駿河台、猿楽町界隈の坂巡り、猿楽通りに面する明治中学・高校脇に立つ「東京音楽大学発祥の地」の碑を右折すると、男坂が見えてくる。73段の急な石段を上がると「とちの木通り」、ここをさらに進むと突き当たりの左右が「皀角坂」となる。枝に棘があるサイカチの木が密生していたという。坂の中腹に神田上水掛樋跡の説明板がある。文京区関口の大洗堰で取水された神田上水は、坂の北側を流れる神田川の対岸からここまでは樋で結ばれ、神田や日本橋に分水されていた。

皀角坂(さいかちざか)
掛樋(かけひ)
大洗堰(おおあらいせき)
posted by コジー at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

◆かみこ

人間国宝の歌舞伎俳優、中村鴈治郎さん(73)が上方歌舞伎の大名跡、坂田藤十郎を襲名し、その披露となる「吉例顔見世興行」が京都の南座で始まった。坂田藤十郎の復活は231年ぶりのことだ。

最初の演目は、和事の祖、初代藤十郎の出世作「夕霧名残の正月」。和紙製の着物「紙衣」をまとい、亡き恋人の幻と舞う甘美な姿に、超満員の客席からは、藤十郎の屋号「山城屋」の声が盛んに飛んだ。

紙衣(かみこ)
posted by コジー at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

◆とうた

日本芸術院(三浦朱門院長)は29日、新会員に俳句の金子兜太氏ら9人を内定したと発表した。(敬称略)

洋画、寺坂 公雄、彫塑、蛭田 二郎、工芸(陶芸)、河合 誓徳、小説・戯曲、小川 国夫、詩歌(俳句)、金子兜太、詩歌(短歌)前 登志夫、評論・翻訳、川村 二郎、邦楽(能囃子方太鼓)、金春 惣右衛門、邦楽(長唄)、杵屋 五三郎。

金子 兜太は前衛俳句の旗手として既成の権威に風穴をあけ、現代俳句を革新した。朝日俳壇選者。02年蛇笏賞、03年芸術院賞。埼玉県出身。86歳。同県熊谷市在住。

金子 兜太(かねこ・とうた)
蛇笏(だこつ)
金春(こんぱる)
posted by コジー at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

◆ごこうのみや

29日午前9時50分ごろ、京都市伏見区御香宮門前町の御香宮神社で、情報番組収録中の女優山村紅葉さんに男が殴りかかり、スタッフが取り押さえ、伏見署に現行犯逮捕された。CS放送の「京都チャンネル」の番組「山村紅葉のキラリ」で、山村さんが生まれ育った京都を紹介している。なお怪我は軽傷の模様。

御香宮神社は大型の五間社流造で屋根は桧皮葺、正面の頭貫、木鼻や蟇股、向拝の手挟に彫刻を施し、全ての極彩色で飾っている。また背面の板面の板壁には五間全体にわたって柳と梅の絵を描いている。全体の造り、細部の装飾ともに豪壮華麗で、よく時代の特色をあらわし桃山時代の大型社殿として価値が高く、昭和60年5月に重要文化財として指定された。

御香宮(ごこうのみや)
桧皮葺(ひわだぶき)
頭貫(かしらぬき)
蟇股(かえるまた)
手挟(たばさみ)
posted by コジー at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。