2005年12月04日

◆さいかちざか

千代田区の神田駿河台、猿楽町界隈の坂巡り、猿楽通りに面する明治中学・高校脇に立つ「東京音楽大学発祥の地」の碑を右折すると、男坂が見えてくる。73段の急な石段を上がると「とちの木通り」、ここをさらに進むと突き当たりの左右が「皀角坂」となる。枝に棘があるサイカチの木が密生していたという。坂の中腹に神田上水掛樋跡の説明板がある。文京区関口の大洗堰で取水された神田上水は、坂の北側を流れる神田川の対岸からここまでは樋で結ばれ、神田や日本橋に分水されていた。

皀角坂(さいかちざか)
掛樋(かけひ)
大洗堰(おおあらいせき)
posted by コジー at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。