2006年02月22日

◆めどるま

貫一「宮さんよ。いやーとぅわんとぅや、ちぬーちゅーぬ仲やあらん」(君と僕とは長い付き合いじゃないか)。97年に「水滴」で、沖縄4人目の芥川賞を受けた作家、目取間俊は若い時代に通じなくなりつつある、沖縄の言葉にこだわる。目取間は沖縄本島北部・今帰仁村生まれ、琉球大学卒業後、警備員などを経て高校教師に。

目取間俊(めどるま しゅん)
今帰仁(なきじん)
posted by コジー at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。