2006年05月07日

◆ひきやま

富山市八尾町の春の伝統行事・曳山祭りが3日にあり、豪華絢爛な6基の山車が勇壮に古い町並みを練り回った。約250年の歴史があるという八尾の曳山は、秋の「おわら風の盆」と並ぶ同地域の大イベント。町内ごとに持っている山車は、2階建てで高さ約7、5m、金細工と中国の故事に題材を取った意匠の凝った井波彫刻をまとい、2階にはえびすさまや天神さまなどの人形を搭載する。

曳き始めの合図は「法力密智の永観坊」という風変わりなかけ声。法被姿の若者と子どもたちが、笛や太鼓のおはやしに合わせ「わっしょいわっしょい」と山車を力強く動かし、大迫力のつじ回しに沿道から拍手がわき上がった。山車は町内各所を巡った後、夜には山車から彫刻を外しちょうちんを掲げた「ちょうちん山」に姿を変えた。

曳山(ひきやま)
山車(やま)
法力密智の永観坊(ほうりきみっちのようかんぼう)
posted by コジー at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。