2006年06月01日

◆すさのおじんじゃ

2日から始まる荒川区南千住の素盞雄神社「天王祭」。氏子61カ町中、一番の大神輿を仕切る岡戸勝昭さん(33)は地元で、根付けなどにする「木札屋」を営む。祖父の代から、地元「通新町睦」の若者でつくる「若睦」代表を務めてきた。現在、兄の幸雄さんを若頭に、若睦若頭補佐として神輿の実動部隊を束ねる。

地元の天王祭だけでなく、都内をはじめ新潟や山梨など、年間20カ所以上の祭りを渡り歩く。素盞雄神社の神輿はすべて、二天棒で、その神輿を左右に豪快にふる「神輿振り」でも知られる。各地の神輿を担いできた岡戸さんは「これほど勇壮で、誇れる神輿はほかにない」と胸を張る。

素盞雄(すさのお)神社
posted by コジー at 11:11| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。