2006年10月05日

◆とごう

4日午前10時ごろ、北海道の大雪山系で、登山中に行方不明となっていた核燃料サイクル開発機構(現日本原子力研究開発機構)の初代理事長都甲泰正さん(78)の遺体を、捜索していた北海道警の捜索隊が発見した。

都甲さんは9月30日に旭岳のロープウエー駅付近で目撃されて以降、行方不明となっていた。2日に東京の自宅に戻る予定だったが帰らず、家族が警察に届けた。都甲さんは大分県出身。原子炉工学専攻で、東大教授などを経て1998年10月に発足した核燃料サイクル開発機構の初代理事長に就任した。
posted by コジー at 11:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。