2005年12月27日

◆きりたっぷ

ラムサール条約は、1971年に制定され、1975年発効した湿原の保存に関する国際条約。水鳥にとって貴重な生息地である湿地を、乱開発から守る目的で作られた。今年11月の国際会議で、新たな登録地20ケ所が追加された。従来の登録地12ケ所は下記の通り。

釧路湿原、クッチャロ湖 、ウトナイ湖、霧多布湿原、厚岸湖別寒辺牛湿原、宮島沼(以上、北海道)、伊豆沼・内沼(宮城)、佐潟(新潟)、谷津干潟(千葉)、片野鴨池(石川)、琵琶湖(滋賀)、漫湖(沖縄)

霧多布(きりたっぷ)
厚岸湖(あっけしこ)
別寒辺牛(べかんべうし)
漫湖(まんこ)
posted by コジー at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11077361

この記事へのトラックバック


Excerpt: ウトナイ湖ウトナイ湖(うとないこ)は、北海道苫小牧市の東部にある淡水湖。ウトナイトー、ウトナイ沼などとも呼ばれる。なお、アイヌ語で「トー」は沼、湖を指す。南流する美々川が勇払川に合流する地点の1kmほ..
Weblog: 湖の森
Tracked: 2007-09-29 03:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。