2005年12月31日

◆ういきょう

インド発祥のカレーは医食同源から生まれた家庭料理だった。使われている主な香辛料は以下の通り。

鬱金(ターメリック)、丁子(クローブ)、大蒜(ガーリック)、蕃椒(レッドペッパー)、茴香(フェンネル)、生姜(ジンジャー)、桂皮(シナモン)、月桂樹(ローリエ)、陳皮(マンダリン)、八角茴香(スターアニス)、万年老(ローズマリー)、黒胡椒(ブラックペッパー)、立麝香草(タイム)、花薄荷(オレガノ)、コリアンダー、ナツメグ、カルダモン。

鬱金(うこん)
大蒜(たいさん)
茴香(ういきょう)
立麝香草(たちじゃこうそう)
posted by コジー at 12:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11197566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。