2006年01月17日

◆のざき

古今の書の名品を一堂に集めた特別展「書の至宝――日本と中国」(朝日新聞社など主催)の開会式が10日、東京・上野の東京国立博物館であった。11日から一般公開される。

主催者を代表して同博物館の野●弘館長や平山郁夫・特任館長らがあいさつ。会場では「書聖」王羲之の作品をはじめ、聖徳太子、空海、小野道風、藤原定家らの名品が並ぶ。出品総数は国宝・重要文化財50点、御物など宮内庁管理の14点を含む約190点。2月19日まで。

野●:●は「崎」のつくりの「大」が「立」(のざき)
王羲之(おうぎし)
posted by コジー at 10:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。