2006年03月28日

◆ばると

大相撲春場所は朝青龍の優勝で決着したが、十両ではエストニア出身の把瑠都が、初場所の幕下優勝に続き、1963年九州場所の北の富士以来、43年ぶりの十両全勝優勝を達成した。把瑠都は身長1、97m、体重164k、21歳。なお幕下優勝は琴禮、以下、三段目は前田、序二段は升光理、序の口は拓錦が優勝した。前田、升光理、拓錦の3力士は学生相撲出身者。

把瑠都(ばると)
琴禮(ことゆたか)
前田(まえた)
升光理(ますひかり)
拓錦(たくにしき)
posted by コジー at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。