2006年05月11日

◆てしかが

世界一と言われてきた北海道・摩周湖の透明度が落ちている。排ガスを含めて周辺の環境が悪化している背景があるとして、国土交通省と地元・弟子屈町は湖畔に入る道路約20キロ間で車両を規制、ハイブリッドバスによる代替輸送手段の検討を今年度から本格的に始めた。地元では、世界遺産登録に向けての運動も始まり、浄化作戦に期待をかける。

弟子屈(てしかが)
posted by コジー at 02:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。