2006年05月15日

◆ひのえまた

福島県桧枝岐村に江戸時代の寛政年間から伝わる「桧枝岐歌舞伎」の奉納歌舞伎が12日、村の神社で上演された。演目は、奥州の豪族安倍一族を題材にした「奥州安達ケ原 袖萩祭文の段」など。長い間、親から子へと受け継がれてきた演目を、村民がつくる「千葉之家花駒座」の顔ぶれが熱演し、ござが敷かれた境内は見物客で埋まった。

檜枝岐(ひのえまた)
posted by コジー at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。