2006年05月16日

◆さいおうだい

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市内で始まった。平安時代の装束に身を包み、アオイの葉をつけた約500人が午前10時半に京都御所を出発。華麗な王朝絵巻のような行列に、約2万3000人の観客が見入った。

葵祭は五穀豊穣を祈願する下鴨神社と上賀茂神社の例祭。祭りの顔、斎王代に選ばれた藤田菜奈子さん(24)は五衣裳唐衣、俗に十二単の大礼服装で、供奉者にかつがれた腰輿と呼ばれる輿に乗り新緑の都大路を進んだ。斎王は、平安時代には内親王が選ばれて祭に奉仕したものであるが、現在は未婚の市民女性から選ばれるので、斎王代と称される。

斎王代(さいおうだい)
五衣裳唐衣(いつつぎぬものからぎぬ)
腰輿(およよ)
posted by コジー at 00:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17865989

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。