2006年08月29日

◆たねすはら

中越地震でもっとも大きな被害を受けた新潟県旧山古志村(長岡市)から、村民2000人が一斉避難して、大半が仮設住宅で暮らし始めてから1年3ヶ月が経った。昨夏は長岡市の仮設住宅で盆踊りをしたが、14村落のうち9集落で避難指示が解除され、今年は8月15日から虫亀集落と種苧原集落で、被災後初めて地元での盆踊りが始まった。他の集落名は、油夫、桂谷、池谷、山中、菖蒲、間内平、梶金、小松倉、木籠、楢木、竹沢、大久保。

種苧原(たねすはら)
posted by コジー at 10:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22962616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。