2006年09月22日

◆はえどまり

冬の味覚、フグのシーズン到来を告げる天然トラフグの今季初競りが22日未明、フグの取扱高日本一を誇る山口県下関市の南風泊市場で行われた。この日市場に出た天然トラフグは瀬戸内海や日本海で捕れた計約750キロ。最高値は1キロ当たり1万6000円と昨年並み。出荷先は主に関東や関西の料亭になるという。「南風泊」という地名の始まりは、江戸時代の初期にはじまった北前船が関門海峡を抜ける際、激しい「南風」を避けるために停泊していた地、とされている。

南風泊(はえどまり)
posted by コジー at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24199210

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。