2006年10月13日

◆ふろく

北海道富良野市を舞台にしたテレビドラマ「北の国から」の放送が終了して4年。ドラマの記憶が薄れるとともに、同市への観光客が激減している。近くに旭山動物園という強敵も出現した。地元は客離れを食い止めようと、ロケセット復元や、ドラマを制作したフジテレビに続編を求めるなどして、ブームの再燃を目指す。

同市の観光の柱は、夏の「ラベンダー」と冬の「スキー」、そして「北の国から」だ。同市に最も多くの観光客が訪れたのは、02年度の249万人。「北の国から」最後の作品となった「遺言」の放送があった年だ。それが05年度は約207万人に減った。特にドラマのロケセットがある麓郷地区は03年度の約90万人が昨年度は約60万人に。同市商工観光室は「麓郷の落ち込みが、そのまま市全体の数字に反映した」と話す。

麓郷(ふろく)
posted by コジー at 11:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25386119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。