2006年10月19日

◆みたけ

「一楽二萩三唐津」という言葉があるように、萩焼と唐津焼は楽焼とともに茶陶として珍重され、大事にされてきた。萩焼は豊臣秀吉の文禄・慶長の役の際に渡来した、朝鮮の陶工が毛利藩の御用窯を築いたことに始まる。大道土に金峯山土、見島土を精製・ブレンドした土で成形され、文様がほとんどなく、透明釉土灰釉か、白濁する藁灰釉(白萩釉)が施されることに特色がある。

金峯山(みたけ)
透明釉(とうめいゆう)
土灰釉(どばいゆう)
posted by コジー at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25724440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。