2006年10月22日

◆ももたちる

伝統を誇る京都の町屋は市中心部に約6千軒残る。江戸中期から戦前に建てられ、主に職住一体の木造建築物。細長く夏の暑さをしのぐ工夫などが特徴。近年、老朽化が激しく、解体される建物が多くなっている。くろちく社長黒竹節人「くろたけ」社長は、町屋の再生と再利用を企図し、その活動の拠点として、90年百足屋オープン、94本社屋「百千足館」完成させた。

百足(むかで)
百千足(ももちたる)館
posted by コジー at 11:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。