2006年12月12日

◆にぶかわ

東京・歌舞伎座から、大阪・通天閣、山あいの二宮金次郎像の台座、マンホールまで。8日、新たに151件が仲間入りすることになった国の登録有形文化財(建造物)は、驚くほど多彩だ。制度が始まり、今年で10年。重要文化財ほど評価は定まっていないが、今回で登録数は6000件を超える。「わが町のお宝建築」が次々に文化財に登録されている。

鈍川小学校二宮金次郎像台座(愛媛県今治市)は、36年に校長の呼びかけで児童が河原から石を運び、約2.6メートル積み上げた。1882年ごろ造られた旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホールは、日本人の計画による近代初の下水道施設だ。

鈍川(にぶがわ)
posted by コジー at 11:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。