2006年12月21日

◆こひょう

演劇集団円を創設し「砂の女」などの映画やテレビでも活躍した俳優の岸田今日子さんが17日午後3時33分、脳しゅようで死去した。76歳だった。劇作家・小説家の岸田国士の次女として東京都に生まれる。舞台美術を志し49年に文学座研究所に入ったが、女優に転じ52年の「狐憑」で正式デビュー。60年には三島由紀夫演出「サロメ」の主役に選ばれた。

直木賞作家で、東京都知事や参院議員を務めた青島幸男が20日午前9時半、江東区内の病院で死去、死因は血液がんの一種である骨髄異形成症候群。74歳だった。 草創期のテレビ界で活躍し、大ヒットした「スーダラ節」の作詞を手がけ、初めての小説「人間万事塞翁が丙午」では直木賞を受賞するなど、文化人として多彩な才能を発揮した。

狐憑(こひょう)
塞翁(さいおう)が丙午(ひのえうま)
posted by コジー at 10:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29980445

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。