2005年07月16日

◆かけはし

石川県小松市を流れる1級河川、梯川近くに不思議な構造物が出現した。「粗朶沈床」といい、明治時代にオランダから伝わった治水法だ。雑木など天然素材のみで作る粗朶沈床は時間を掛けて川底になじむため、コンクリートを使うより、川の流れによって土砂が削り取られにくく、生物の生息する空間にもなる。

梯川(かけはしがわ)
粗朶沈床(そだちんしょう)
posted by コジー at 10:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。