2005年07月23日

◆いわせ

和歌山県教委は20日、和歌山市岩橋の国の特別史跡「岩橋千塚古墳群」で、翼を広げて飛ぶ姿を表現した鳥形埴輪が見つかった、と発表した。6世紀前半に作られたとみられる。鳥形埴輪は全国で100例以上見つかっているが、翼を広げた埴輪は初めてという。見つかった鳥形埴輪は全体が赤茶色の素焼きで、高さ約40センチ、全長約50センチ。右側には長さ約25センチの翼が接合され、左翼はちぎれた状態だった。水平に飛んでいる格好を表したとみられる。

岩橋(いわせ)
埴輪(はにわ)
posted by コジー at 10:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。