2005年08月12日

◆ねぶかっぷら

11日午前7時半ごろ、長野県白馬村の北アルプス・白馬岳(標高2932メートル)の大雪渓上部、葱平の登山道で大規模な土砂崩落があり、登山者数人が生き埋めとなった。県警山岳遭難救助隊などが現場で2人を救出したが、1名は搬送中に死亡、なお、女性の行方不明者1名の捜索を続けている。

白馬岳の大雪渓は、春から夏にかけて中腹に出現する残雪の塊。登山シーズンの始まる6月ごろには幅約100メートル、長さ約2キロ、8月にはその3分の2ほどの大きさになる。両側にはニッコウキスゲなどの花畑があり、雪渓の上を歩くのが白馬登山のメーンルートになっている。

葱平(ねぶかっぷら)
posted by コジー at 10:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。