2005年09月25日

◆おびつ

水辺の鳥カワウソによるアユの食害が増え、国と関係自治体が対策に乗り出した。一時絶滅の危機にあったカワウが増殖しすぎたためである。ところが川釣りの人気スポットを抱える県から悲鳴が上がる一方で、営巣地のある都市部の自治体は他県の被害に税金を回せないと消極的で、県境を越えて飛び回るカワウを相手に、自治体間の不協和音ばかりが目立っている。特に、行徳、小櫃川と2ヶ所の大きなコロニーのある千葉県は、カワウを県のレッドデータブックに記載し保護対策を取っているから、大きな問題を抱えることになる。

小櫃(おびつ)
posted by コジー at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。