2005年09月29日

◆おきのえらぶ

鍾乳洞など全国の洞窟を調べている研究者・探検家らによって、鹿児島県沖永良部島の「大山水鏡洞」と、滋賀県多賀町の「河内の風穴」の総延長が、9150メートルと6800メートルであることが確認された。旧来いわれていた長さの6倍と2倍。全国ランキングで、1位の岩手県岩泉町「安家洞」(1万2736メートル)、3位の山口県秋芳町「秋芳洞」(8790メートル)に次ぐ2位と4位に躍り出た。

大山水鏡洞は1969年、横浜市立大探検部によって1468メートルと測量された。洞窟探検家らによる沖永良部島洞窟探検隊が95年から調査を続け、03年8月に3425メートル、04年8月に8744メートル、今年1月、新たに発見された通路が加わって9150メートルとなり、それまで2位だった秋芳洞を抜いた。

沖永良部(おきのえらぶ)
安家洞(あっかどう) 
posted by コジー at 10:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。