2005年09月30日

◆さし

八郎潟は干拓で有名だ。東西12km、南北27km、面積は約220平方キロ、日本では琵琶湖に次ぐ大きな湖だったのだ。77年工事が完了してた結果、元の湖の約4分の3が干拓されたことになる。奥羽本線の八郎潟駅は、明治35年8月に開業されている。ただし、このときの駅名は、「五城目駅」、大正15年11月、駅名は「一日市駅」に変更される、昭和40年6月、現在の「八郎潟駅」に名を改めた。

八郎潟は、潟湖に分類される。陸地と砂嘴、砂州、沿岸州などの間に形成された湖のことだ。八郎潟の他に、サロマ湖、中海、宍道湖などが知られている。「砂嘴」とは風や沿岸流のはたらきで、海岸から細長く突き出た地形が形成されることをいい、清水市の三保、北海道の野付崎が代表例だ。「砂州」とは反対側の海岸まで届きそうな形状をいい、天の橋立や弓ヶ浜が有名だ。

潟湖(せきこ)
砂嘴(さし)
posted by コジー at 11:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。