2005年11月13日

けんじょ

紀宮さまが15日の結婚式を機に皇室を離れることを神前に告げる儀式「賢所・皇霊殿・神殿に謁するの儀」が12日午前、皇居内の宮中三殿であった。紀宮さまは晴れの平安装束「十二単=五衣・唐衣・裳」の姿で、お別れの拝礼をした。同日午後には宮殿松の間で、天皇、皇后両陛下とあいさつを交わす「朝見の儀」に臨む。三殿では天皇、皇太子各ご夫妻だけに許される殿上で拝礼した。73年の数え年5歳の時の「着袴の儀」の時以来で、今回が最後になる。引き続き、歴代天皇・皇族をまつる皇霊殿と八百万の神をまつる神殿に拝礼した。

賢所(けんじょ)
五衣(いつつぎぬ)
着袴(ちゃっこ)
八百万(やおよろず)
posted by コジー at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。